撮影の記録(結納)

今日は結納を撮影してきました。

 

f:id:centimeter2:20170903230528j:plain

 

前回のブログ更新が4月でかなりあいてしまったので、そろそろ更新しておこうかと。

 

今日はご友人の結納式の撮影をしてくれと頼まれ、「親族以外が入ってよいものなのか・・・?」とは思いつつ、両家より許可というか依頼が来たので行ってきました。

 

正直、結納って何するかよく知らないんですよね。やったことないし見たことない。

でもとりあえず結婚式に行くような装備で撮りに行けば間違いないんだろうな、って感じのやつで行きました。

 

 

 

f:id:centimeter2:20170903231501j:plain

 

まさに本日はお日柄もよくというやつで、どうやら世間的には皇室関係の方の婚約内定の日だったらしく、とんでもないお日柄の良さに恵まれまくった日でした。

 

結納、なかなかいいですね。楽しそうな感じ。撮ってきた写真は殆ど人物になるので載せられないですが、撮ってる側としても楽しかったです。

 

ご友人、男性側も女性側も自分の友人でして、簡単に言うと自分からの紹介で縁談がまとまったようなやつです。良かったです。

おめでとうございます。

 

今回は自分の持てる限りのフル装備で向かったわけですが、ブログの内容としては装備の内容を書き連ねる部分が本題になります。

 

機材

EOS 5D MarkⅣ(バッテリーグリップ付き)

・EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM

スピードライト 430EXⅡ

EOS 6D

・EF100mm F2.8 Macro USM

・EF70-200mm F2.8L IS USM

・EF16-35mm F2.8L USM

EOS 80D

・EF-S18-135mm  F3.5-5.6 IS USM

 

あとAmazonで適当に買った三脚、L型ブラケット、ハンドストラップ、レフ板など。

 

結局24-70と70-200で2台使用が一番使いやすかったです。

集合写真撮るっていう前情報を聞いて16−35の広角が必要かな?と思ったんですが、そこまでの大人数にはならなかったので24-70で撮りました。

16-35、景色以外ではなかなか使用頻度が低い。

集合写真は大体28mmくらいが撮りやすい。

35mm単焦点もあったらいいなぁ。

 

 

余談。

「両家の人達にはあまり『お高いカメラが来る』なんて言わないように」と、新郎新婦(仮)の2人には言っておいたのですが、まぁ行ってみたら引かれるくらいのカメラになってしまいましたね。

結納の後のお食事でも話題になってたらしいです。

主にレフ板を持ってきたのが驚かれました。でもレフ板って1000円前後で買えるのにね。

どうやら一般人的には「レフ板を持っていること」自体が、価格に関わらずすごいと思われる部分らしいです。

皆様も是非、レフ板を購入してみては。

もちろん撮影にもとても役立ちました。

商品撮影や人物撮影に 丸レフ板 107cm

商品撮影や人物撮影に 丸レフ板 107cm

 

 

工作の記録

以前コストコでLEDライトを購入してからずっと試してみたかったことがあった。

 

f:id:centimeter2:20170418185541j:image

LEDライトを自転車のハンドル部分に取り付ける部品が付属していたのでなんか使えそうだなって思ったのです。

 

f:id:centimeter2:20170418185550j:image

 1mmのアルミ板をカットして曲げて穴を空けて、1/4ー20のインチネジ用ナットを金属用接着剤で固定。

とっても簡単。でももし溶接とかできるならもっとちゃんとしたやつ作りたい。

あとはエツミあたりで売ってるホットシューの部品を組み合わせる。

 

 

 

f:id:centimeter2:20170418185558j:image

 完成。

f:id:centimeter2:20170418185604j:image

超まぶしい。

センサーの掃除の話

センサーのお掃除のお話。

 

以前、レンズの分解清掃をやってみて、結局センサー側もゴミが入っていそうだという結論になった。

centimeter2.hatenablog.com

 

 

ということで前回記事の最後にちょっと書いていたPENTAXのペッタン棒を買うことにした。

 

f:id:centimeter2:20170413195000j:plain

レッツお掃除 

PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1 39357

PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1 39357

 

 

 

 

 

まず白い壁や紙に向かって絞り込んだ状態で撮ってみます。

赤矢印部分にゴミがあるっぽい。矢印をたくさん置くのに疲れたので実際もっとたくさんある感じです。

f:id:centimeter2:20170413195319j:plain

 

 

 

 

カメラの外装のホコリをエアーダスター等で吹き飛ばし、できるだけキレイに。

 

メニューからセンサークリーニング状態にします。

f:id:centimeter2:20170413195120j:plain

 

 

 

ミラーアップしたけど目ではゴミがわからない。それくらい小さいゴミ。

f:id:centimeter2:20170413195631j:plain

 

 

思い切ってつっこみます。

f:id:centimeter2:20170413195801j:plain

 

 

 

スティックの途中に凸があるんだけど、どうやらPENTAXの機種であればこの位置にマウントが来ますっていう目印らしい。

f:id:centimeter2:20170413195905j:plain

 

 

使い方は、センサーにオレンジのニチョニチョをくっつけて、ゴミが取れたら付属のニッチャニチャの紙にゴミを移し替えるかんじ。

ニチョニチョ。

 

 

 

掃除終了後、試写。

f:id:centimeter2:20170413200255j:plain

なんか右下にゴミが増えてる。

左上もゴミが取りきれてない。

 

 

ニチョニチョと試写を繰り返します。

 

 

 

f:id:centimeter2:20170413200301j:plain

 

何回かやってみたものの、右上のゴミだけは取れず。

しかし他はだいぶキレイになった。

 

結構効果あるもんだなぁ、と。

 

 

 

先日、いい感じの夕陽を撮ったときにゴミがちょっと気になる写真になってしまっていた。

でもこれでキレイになったので、また今度撮りに行こうと思う。

フィルム写真のデータ化

先日、フィルム写真で一度やってみたかったモノクロ写真にチャレンジした。

 

 108枚ほど撮れて1600円。安いのか高いのかわからない。

現像費は3本で1845円。プリント料は108枚で2160円。

 

1枚あたり52円…。

 

 

とてもお金のかかる趣味に手を出してしまった気がした。

 

 

と、まぁそこは置いておいて、フィルム写真のデータ化についてのこと。

 

先月、フィルム写真をデータ化する方法について考え、安価なフィルムスキャナーを購入した。

 

centimeter2.hatenablog.com

 

 前記事でも書いたが、どうもフィルムスキャナーではホコリまでキレイに取り込んでくれてしまう。

今回のモノクロフィルムで取り込んだ写真がこちら。

f:id:centimeter2:20170406193307j:plain

特にホコリが目立った1枚。

 

なので今回は他の方法で取り込むことで考えてみた。

 

 

 

使用したのはGoogleフォトスキャン

 

www.google.com

 

 

これを使ってプリントされた写真をスキャンしてみた。

 

 

f:id:centimeter2:20170406195341j:plain

蛍光灯の光が写った。

 

f:id:centimeter2:20170406195446j:plain

なんていうかもうおかしい。

 

 

 

そこで、変な写り方がするのはなぜなのか、考えてみた。

f:id:centimeter2:20170406195549j:plain

プリントされた写真って、湾曲していることが多い。

きっとこれが変な写り込みの原因だろう。

 

ということでホームセンターで買ってきた。

f:id:centimeter2:20170406195744j:plain

強化ガラス棚板(¥628)

 

あとは自宅にあったラスクタブレットスタンドとカッターマット。

f:id:centimeter2:20170406195905j:plain

 

これで挟み込んで電気などの写り込みがないようにすればカンペキでは・・・?

 

 

 

f:id:centimeter2:20170406201305j:plain

挟んでみた。保持される。これはいけそう。

 

 

 

ということで取り込み。

 

f:id:centimeter2:20170406200054j:plain

 

結構うまくいった?けど上部に弧状の写り込み・・・。

 

再チャレンジ。

 

f:id:centimeter2:20170406200141j:plain

 

写り込みなし!だけどなんか淡い、そして粗い・・・。

 

 

 

 

 

 

結局。

複合機で取り込んだほうがキレイになるということがわかった。

f:id:centimeter2:20170406200828j:plain

いつもどおりのスキャン。かんたんキレイ色褪せない。

 

f:id:centimeter2:20170406200907j:plain

ためしにモノクロをモノクロ取り込みしてみたもの。ちょっと黄色っぽい印象がある。

 

やっぱりしばらくは複合機でちまちまと取り込むことにしよう。

 

あと写真の単価を考えてしまったので、今後撮っていくかどうか…。

 

 

 

 

 

 

強化ガラスは本来の使用方法である棚板としてなにかに使えないか考えます。

焦点距離のお話

焦点距離について質問を受けたので、なにかわかりやすいようにまとめられないかと思ったので書きます。

 

しかし自分もこういった知識はほぼ独学なため、わかる範囲でのまとめで、なにか間違っていたらごめんなさい。

 

センサーサイズの話

まず焦点距離や画角の話の前に、センサーサイズというものを知ってもらったほうが理解が早いと思う。

最近はフィルムで撮る人よりミラーレスやコンパクトデジカメで撮る人のほうが圧倒的に多いからで、もしフィルムを使っている人なら、この記事や内容自体わかりきっているだろうし。

 

デジタルカメラにはフィルムに変わってセンサーが入っている。

そのセンサーの受光部にレンズからの光が入って写真が写る。

 

一眼レフやミラーレス一眼であれば、レンズを外してセンサーを直接見ることができる。

 

f:id:centimeter2:20170311103741j:image 左(EOS 6D)がフルサイズセンサー 右(EOS 60D)がAPS-Cサイズセンサー

 

フルサイズというのは35mmフィルムとほぼおなじサイズになる。

APS-Cはその約半分のサイズになる。

 

 

f:id:centimeter2:20170311103833j:image

ミラーレスとなると、更に小さいセンサーになる。これはPENTAX Q7。1/1.7型

 

マイクロフォーサーズのカメラは持っていなかったので写真がありません。

OLYMPUS PENとかPanasonicのはマイクロフォーサーズという規格・サイズになります。フォーサーズって4/3型で、4(フォース)と3(サード)でフォーサーズらしいです。

 

簡単にまとめると、

  • カメラによって受光部(フィルムのかわり)のセンサーサイズが異る

また、すごく大雑把な言い方をすると、センサーが大きいと写りもキレイで暗いところでの撮影に強い。

 

 

 焦点距離の話

カメラのレンズには焦点距離というものがある。

ズームができない単焦点レンズの50mmとか

ズームレンズの24-70mmとか。ちなみに単純計算で70÷24=2.916…で3倍ズームのレンズになる。

 

 

f:id:centimeter2:20170311110136p:plain

これは50mmのレンズの内部構成。レンズは中に複数の凸レンズや凹レンズが組み合わさってできている。

 

 

まずはカメラの超簡易的なイメージ図。

 

f:id:centimeter2:20170311105613p:plain

本来なら本当に1枚のレンズでも写せるのだが、周辺がぼやけるとか、ピントが合わせられないとか、サイズが大きくなりすぎるとか、そういうのを補正するためにたくさんのレンズを使っており、それを光学的に計算して1枚のレンズに見立てている。

 

そこで、1枚の大きなレンズから、センサーまでの距離を焦点距離と呼ぶ。

 

 

次に、レンズを通して写真が撮れる仕組み。

小学生の頃に理科の実験でやりましたよね。

 

f:id:centimeter2:20170311105632p:plain

ろうそくの光が凸レンズを通してスクリーンに映し出されます。

このスクリーンがカメラでいうとセンサーになる。

そして50mmのレンズを使ったとしたら、センサーとレンズの距離が50mmになる。

50mmは5cm、普段ものさしとかに書いてある目盛りの5cmです。

 

 

 

 そこで、スクリーン(センサー)のサイズが小さくなったらどうなるのか。が以下の絵。

f:id:centimeter2:20170311105659p:plain

 同じレンズで同じ焦点距離で撮っても撮れる画が変わります。

中心部でトリミングされたような状態になります。

センサーサイズが小さくなればなるほど、中心部をズームした画になります。

  

 

ズームレンズの話

 

ズームレンズは大きな1枚のレンズがセンサーに近づいたり、遠くに行ったりします。

 

f:id:centimeter2:20170311105735p:plain

この絵だと20-100mmのズームレンズになります。5倍ズームですね。

 

 

 

そして広角レンズと望遠レンズの画角の違いについて。

f:id:centimeter2:20170311105800p:plain

 

広角レンズはセンサーからレンズの距離が近いもの。

広い範囲が写ります。

望遠レンズはレンズの距離が遠いもの。

必然的に遠いところを写すのに適したものになります。

 

簡単にまとめると

  • 焦点距離の数字が小さければ小さいほど広角、大きければ大きいほど望遠のレンズ

 

 

 

焦点距離の計算の話

今度は焦点距離の計算の話。ここからが本題だと思う。

50mmのレンズは、フルサイズのカメラで撮ると、50mmになります。

これはフルサイズ(フィルムサイズ)で撮ることを前提とした設計だからです。

 

APS-Cのカメラで撮ると、50mmの画角の中心部をトリミングするので、75mm近くの焦点距離と同等になります。

APS-Cはレンズの焦点距離に1.5倍した数値になります。

CanonAPS-C機をお使いなら、1.6倍で80mmになります。これはメーカーに寄ってセンサーのサイズが若干ちがうから。

 

これを35mm判換算という。なので「35mm判換算で80mm相当」と言ったりする。

 

マイクロフォーサーズだと2倍

1/1.7型だと約4.5倍

 

自分の持っているカメラのセンサーサイズと掛け数を覚えておくと便利です。

つまり400mmのレンズをPENTAX Q7につけると1800mm相当になる。超望遠。 

 

 

これは先日分解掃除したレンズ。正面に18-135mmと書いてある。

 

f:id:centimeter2:20170311103842j:image

APS-C専用レンズなので換算で29-215mm相当になる。

 

 

 これはコンパクトデジカメのPowerShotG11、センサーサイズは1.1/7型

f:id:centimeter2:20170311103857j:image

コンパクトデジカメにもレンズの焦点距離が書いてあり、これは6.1-30.5mmのレンズ

(約)28- 140mm相当になる。5倍ズーム。

 

 

 

そしてレンズにはフルサイズ対応のもの、APS-Cサイズ対応のもの、マイクロフォーサーズ対応のもの等がある。

小さいセンサーに合わせて作ったレンズは、周辺部を写す必要がないので小さくてすむ。

逆にフルサイズ対応であれば大きいレンズにしなければならない。

ミラーレスが軽量化できるのはセンサーとレンズのサイズによるもの。

 

ちなみに小さいセンサーの機種にフルサイズ対応のレンズを付けることなどはできる。周辺部をただ使わないだけで、焦点距離は換算した数値になる。

 

 

実際にフルサイズの機種にAPS-C専用設計のレンズを付けるとどうなるのか、撮ってみた。

(通常は小さい機種のレンズはつけられないが、SONYのα7ではつけることができる)

 

f:id:centimeter2:20170311103916j:image

16mmの広角レンズ。

 

f:id:centimeter2:20170311103924j:image

APS-C用の16mm。中心部の画はほぼ同じように写るが、周りが黒い。 

 

 

f:id:centimeter2:20170311103938j:image

50mmの標準レンズ。

 

f:id:centimeter2:20170311103932j:image

APS-C専用の50mmレンズ。どうやっても周りが黒い。

 

この黒い部分をケラレと呼ぶ。

こんなふうに、使わない部分は写らなくても良いように設計してある。

 

 

f:id:centimeter2:20170311103945j:image

ちなみにCanonのEF16-35mmとSONYAPS-C専用レンズE-PZ16-50mmを後ろから見た写真。

レンズの大きさがかなり違います。おなじ16mmスタートでもミラーレス用は軽くて小さいです。

 

 

 

 

以上、レンズと焦点距離のお話でした。

レンズの分解掃除をしてみた

EOS 60DとEF-S18-135 ISを、主に会社に持っていっている。

自分が一眼レフを買い始めて3台目のカメラで、そこそこ古くなっている。

2010年発売のカメラで、多分買ったのは2011年くらいな気がする。

 

非常に使いやすかったので使い続けていたが、高感度でのノイズが多かったり(新機種に比べて…。)、ファインダー内にゴミが多く入ってしまったり、という理由から、自宅や旅行先ではあまり使わなくなった。

なので主に会社に置いておき、いざという時とか、いざじゃないときに使うようにしている。

 

先日、仕事の用で使ったときに、撮った写真にちょっとモヤがかった感じがあった。

よく見てみるとレンズ内に結構大きめのゴミが入っていた。

 

修理に出すほどでもないし、かといって放っておくのはなんとなく嫌だったので自分で分解掃除してみたいなって思ってしまった。

見た感じ、前玉の分解しやすそうなところにゴミがあるっぽいし、なんとかなるんじゃないかな精神。

 

さっそく分解方法を調べてみたが、EF-S18-135mm 3.5-5.6 ISを分解している他の人の記事がない。とりあえずカニ目レンチが必要そうだったので買ってみることにした。

 

f:id:centimeter2:20170309200203j:image

2日ほどで届いた。870円。安い。 

 

 

 

f:id:centimeter2:20170309200216j:image

赤い矢印の部分にゴミ。2つぶほど。 

 

 

f:id:centimeter2:20170309200233j:image

ボディ側から見ると黒い粒が見える。気になる。

 

 

f:id:centimeter2:20170309200242j:image

とりあえず何も考えずに分解できそうなところから分解する。

枠はピンセットで引っ掛けたら簡単に外れた。両面テープだったので剥がれた。 

 

 

f:id:centimeter2:20170309200256j:image

3箇所のネジを発見。No.00のドライバーで外す。

 

 

f:id:centimeter2:20170309200306j:image

2箇所に凹みがあったのでたぶんこれだ!くらいの勢いでカニ目レンチで回す。 

ちなみにカニ目レンチを引っ掛けるのが浅くて、ちょっとガリッと樹脂が削れた。

 

f:id:centimeter2:20170309200314j:image

 

f:id:centimeter2:20170309200324j:image

めっちゃ固かったけど外れた。これはもうほんまにカニ目レンチさんのおかげですわ。 

 

 

f:id:centimeter2:20170309200333j:image

 そして見つけました、今回の標的。

2つとも、ピントリングを回すと動くレンズにくっついてました。

 

 

f:id:centimeter2:20170309200343j:image

いいかんじに吹いたり拭いたりして再組立。 

 

 

f:id:centimeter2:20170309200349j:image

ゴミがスッキリなくなり気分もスッキリです。

 

 

f:id:centimeter2:20170309200358j:image

 

今回はこれで完了。

もしもっと奥にゴミが入ってたら、きっとバラせないような気がする。

前玉外しが限界かもしれない。

 

 

ちなみにオチとしては、レンズよりもカメラ本体のセンサーについたゴミのほうが目立ってたことです。

センサー掃除するペッタン棒でも買おうかな・・・。

PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1 39357

PENTAX イメージセンサークリーニングキット O-ICK1 39357

 

 

縦位置での撮影

新年から始めたブログも、年度末に差し掛かり全く書くネタもないまま過ごしてしまった。

 

 今回、ずっと気になっていたL型プレートを買ってみたのでブログを更新することにした。

 

Canonのカメラを買ったら、必ずバッテリーグリップを同時に購入するようにしている。

バッテリーグリップをつけるとカメラを縦位置に構えた時にもシャッターボタンが自然な位置に来てすごく使いやすい。

あと、なんか威圧感もすごくてカッコイイ。

 

以上が余談。

 

 

いままで、縦位置で撮りたくて三脚に載せるときはエツミ製のL型プレートに乗せていた。

ETSUMI 縦位置L型ブラケット E-6082

ETSUMI 縦位置L型ブラケット E-6082

 

これでも十分使えていたのだが、重いカメラとレンズになるとすこし不安定で、悩んでいた。

 

 

 以前なにかの記事で見た「アルカスイス互換の各機種専用L字プレート」というものが存在することを思い出して調べたらめちゃくちゃ高かった。 

 

1万以上するのがほとんどで、自分は3〜4機種持っているのでどうやってもお財布にきつい。

しかも大体が通常サイズとバッテリーグリップ付きサイズと分けられている。

全機種につけようと思ったら8個くらい買わないといけない。無理。

 

アルカスイス互換というのもまずよくわかってなかったので調べたけど、とりあえず三脚の雲台で有名らしいアルカスイス製のやつに便乗した感じのをアルカスイス互換と呼ぶらしい。

 

そこで色々調べていたら汎用L字プレートがあるとのこと。

 

 

 

 持ってる安物の三脚がアルカスイス互換っぽい気がしたんだけど合わなかったらどうにも使えないので念のためクイックリリース部分付属のやつで購入。

 

f:id:centimeter2:20170305213212j:image

 

f:id:centimeter2:20170305213227j:image

早速つけてみたら、やはりというかなんというか、バッテリーグリップは無理そうなかんじ。

縦位置で三脚つけたいからグリップのシャッターボタンも使いたかったのに。

 

 

f:id:centimeter2:20170305213331j:image

 

f:id:centimeter2:20170305213346j:image

 

バッテリーグリップなしなら問題なさそう。

でもL字プレートが小さすぎてセンサーの光軸位置マークがずれている。

これ以上真ん中に寄らない。

 

 

 

f:id:centimeter2:20170305213401j:image

 

f:id:centimeter2:20170305213410j:image

 

とりあえず撮影には問題なさそう。

持っている三脚にも無事そのまま装着できた。

 

 

f:id:centimeter2:20170305213421j:image

つけたままでもイヤホン・マイク端子はアクセスできる。

USB、HDMI端子は無理だった。

レリーズ端子はEOS 5D MarkⅣが位置を前よりに変えてくれたおかげで問題なく使用できる。今後のEOSシリーズは全部こうしてほしい。 

 

f:id:centimeter2:20170305213505j:image

 

そのまま使用できた三脚の雲台だが、付属のクイックリリースに比べると開きが少なくて真上から装着しようとしたらはまらなかった。

横からスライドして入れると装着できる。

 

アルカスイス互換は開き具合を気にしたほうが良いということがわかった。

 

 

 

 

ちなみにα7には光軸位置マークも含め問題なく装着できた。

f:id:centimeter2:20170305213515j:image

 

やっぱりコンパクトなカメラ向けだったのかなぁ。

もっと必要性が感じたらいいやつ買おう。